周辺のご案内

羅城門跡

城門は、西暦794年の平安京遷都に伴い建造され、平安京の玄関口となった門であり、中央を走る朱雀大路(幅約84m)の南端の九条大路に位置していました。
建造は、横幅約32m(フランスの凱旋門は幅約45m)奥行き約8mの瓦葺きの二重閣(高さは不明)で、門の両端には、羅城(築地)が幅約2mで東西に延びており、羅城の外側には幅約3mの溝がありました。
羅城門は、暴風雨で3度も倒れ、以後再建されなかったとのことです。
その原因は、門の幅に比べて、奥行きが短く不安定な構造が原因であるという説があります。羅城門の名前が有名になったのは、芥川龍之介の小説「羅生門」が世に認められてからになります。この作品は、『今昔物語』の「羅城門の上に登りて死人を見たる盗人の話」を素材としたものです。
さらに、黒沢明監督の映画「羅生門」は、芥川龍之介の小説の「藪の中」を「羅生門」に絡めて作られた作品で、アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞しています。
世界に名を馳せた羅城門ですが、現在は、唐橋花園公園に石碑があるのみとなっています(なお、近年の西寺発掘調査により、羅城門があった位置は、現在の石碑より北東の人家の辺りのようです)。

羅城門跡

教王護国寺(東寺)

東寺は正しくは教王護国寺といい、平安建都の際、都の南玄関、羅城門の東に作られた。後に空海が賜り、密教の根本道場とし、今に至る。
五重塔(国宝)は、京都駅前のビルの林立する中で木造建築の美を際立たせてそびえたつ。高さ57メートルの日本最高の塔で、寛永20(1643)年に、徳川家光が再建奉納したもの。講堂(重要文化財)にあるわが国現存最古の密教彫刻の一群や金堂(国宝)、大師堂(国宝)、蓮花門(国宝)など見所も多い。境内は史跡に指定されている。

教王護国寺・東寺
お問合わせ先

TEL:075-691-6033

田中鰹節店のご案内